北京老家で正統派北京料理を楽しむ

北京老家で正統派北京料理を楽しむ

やってきました尖沙咀にある北京老家。
香港のレストランでは、世界のグルメ達が集うこともあり有名なところは予約必須になっているんですね。
そうとも知らず以前の旅行では北京ダックを食べられなくて、
大変に大変に心残りだったので今日こそは!という意気込み。
ここのお店はあまりガイドブックには載っていなくて、よりローカルな感じです。家庭料理って言葉がぴったりくる雰囲気なんです。

スポンサーリンク

私が北京老家を選ぶたったひとつの理由


圧倒的な北京ダックの食べやすさ

北京ダックって大抵のお店では丸ごと一羽出てくるので、少人数で行ったらそれだけでお腹いっぱいになってしまいそうですね。
でも、ここなら半羽でオーダーできるんです!そう、北京老家ならね。
しかも、お値段も有名店の北京楼Mott32を凌駕するお手軽さですよ。

一羽の値段
北京老家358HK$
鹿鳴春350HK$
北京楼438HK$
Mott32580HK$

鹿鳴春もかなりお手頃なので、また記事にしますね。

行ってみた感想


メニューを開く前にまずテーブルに釘づけになりました。
金魚鉢が埋めこまれてる・・・!?
北京老家のテーブル
360度どこを見渡してもこれぞ中国て感じの内装、雰囲気たっぷりで気分高まります。
北京老家の内装

私が頼んだメニューたち


麻辣牛肉

麻辣牛肉・・・88HK$
見るからにとっても辛そう、そして臭くなりそうなこちらのメニュー。
食べてみると、見た目ほど全然辛くない、むしろピリ辛というほどにも辛くなくてびっくりしました。
しかし同席してた方はめちゃくちゃ辛いって言っていたので、人によるのかもしれませんね。
ご自身がどれだけ辛いものを食べられるか、見極めていく必要がありそうです。

食べるラー油っぽいのがこれでもかってくらいたっぷりかかってて、柔らかな牛肉にたっぷり染み込んでてジューシー。
私はとっても好きですが臭くなりたくなかったので遠慮しました。
しかし同席してた方は辛くて食べられず、半分くらい余ってしまった不憫なメニューです。
後で知ったのですが、香港人は平日とか構わずにんにく料理を食べるそうですよ。
ですから、みなさまも香港にいる間は心置きなく召し上がれ。


宮保蝦仁(エビチリ)・・・168HK$
ちょっとこれは、残念ながら間違ったメニューが来てしまったんですね。
来たメニューはおそらくですが、海老の身を紹興酒で炒めた上海料理の一種だったと思うのです。
味付けの醤油がすんごい癖のあるやつで食べられませんでした。
当時は、もしかしたら宮保蝦仁はエビチリって意味ではなかったのかなと思って店員には言わなかったけど、あとで調べたら宮保蝦仁はやっぱりエビチリだしたね。
店員に言えばよかったものの海外だとなかなか言えませんし説明する気力もなくなりますね。
こういう時、事前にメニューくらい学習しとくべきだと痛感します。
そして写真には残していません。エビチリへの未練により失念してました。


上湯豆苗

なんかよくわからんもの・・・??HK$
野菜ないよね、てことで同席の方が頼んだもの。
緑の野菜(これなんだ・・・・?)に海老と金木犀(だよね?)添え。
金木犀はわかるくせに野菜はわからないのですがご勘弁を。

と書いたもののOpenRice(香港の食べログ)で調べてみたら上湯豆苗ていう中国の本格的なスープらしい。
なのでこの野菜は豆苗ですね。シャキシャキしててとても食べやすかったですよ。


北京ダック

北京ダック(半羽)・・・198HK$
餃子の皮みたいなやつに、きゅうりとネギと一緒にくるんで、特製ソースを付けて食べるます。
これは本当に美味しいですね。
ダックだけで食べてみたら・・・ただの油っぽい鶏肉なのですが、この特性ソースが何ともいい味をしていて、ダックの旨味を引き出してくれるのです。
それにしてもこれ皮にくるんでも油が染み出してきます。
カロリーのことはあまり考えないようにしたほうがいいですね。


ぜんぶお料理並んだらこんなかんじになります。
北京老家お料理
ここにエビチリがないのが残念ですが・・(まだ言う笑)

みなさまもローカルな雰囲気が溢れるこの北京老家で、伝統的なお料理を楽しんでみてくださいね。

北京老家(ぱっきんろうがー)

住所:2/F-3/F, Humphreys Bldg., 11 Humphreys Ave., Tsimshatsui, Hong Kong (尖沙咀A2出口より徒歩1分)
電話番号:3462-2518
営業時間:11:30~15:00、17:00~23:00
カード:Visa, Mastar
他店舗:銅鑼湾

スポンサーリンク

食べるカテゴリの最新記事