女子ウケ抜群!ワンランク上の香港おすすめお土産【2018年版】

お土産記事は旅行ブロガーにとって生命線なのです。
何故ならば、一番検索されるキーワードはどこの国でも「おすすめ お土産」であり、ブログ利用者の一番の興味はそこに集中しているからです。
お土産記事を見ればそのブロガーのリサーチ力が分かるといっても過言ではないですね。
ということで私は旅行前に調べつくしましたよ。香港の一味違う可愛いお土産を・・・・!
かなり自信のあるラインナップになってますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

クッキーカルテットやジェニーベーカリーの紹介記事が読みたい方はこちらへ。

甜藝家/Sweet Boutique


香港といえば葉巻です!葉巻葉巻!!!
葉巻なら奇華餅家で安価で購入することができますが、この記事の趣旨は”ワンランク上” ”女子ウケ”ですので使い古されたチョイスはなしでいきたいと思います。
香港お土産葉巻部門で白羽の矢が立ったのは、『甜藝家(Sweet Boutique de Tony Wong)』です。
パイナップルケーキやパルミエ、葉巻といった香港の伝統ペストリーの代表格たちがなんと!
とっても可愛く現代風にアレンジされています・・・!
センス溢れるアレンジは、ロイヤル・ガーデンで20年以上務めたシェフのトニー・ウォン氏によるもの。
ショップを眺めているだけでとっても楽しいですよ!
こんなふうに可愛くデコレーションされたパルミエや薔薇の形のお菓子の詰め合わせ。
とっても可愛いくて心躍っちゃいますよね!


もう全部が可愛くって美味しそうで、全部買っちゃいたいのですが値段が結構お高いんですよね。これが。
さすがワンランク上。
管理人は職場へのお土産を買いたかったので、この葉巻をチョイス。


ここで値段を控え忘れるという痛恨のミスをしていますが、おそらく180HK$だったと思います。
たぶん20本入りだったと思います・・・・(記憶が正しければ)
プレーンとアールグレイとラズベリーの3つのフレーバーが楽しめます。

一番この葉巻本来の味がわかるのはプレーンですね。
管理人はプレーンが一番好きでした。
ヨックモックよりも生地が薄くて層が多く、サクサク感がよく出ています!
齧った瞬間バターの香りがフワッと広がり、上品な甘さが際立っていますね。
今まで食べた葉巻の中でダントツ一番のおいしさです。

アールグレイはかなり甘さが抑えられており、紅茶の風味が活きています。
これは甘いもの苦手な方もかなり好きなんじゃないでしょうか。

衝撃を受けたのがラズベリーなんですけど、これは生地自体はプレーンと同じものなんです。
ただ、生地の間にうすーいラズベリーの飴が練り込まれているんですね・・・!
かなり斬新じゃないですか?

管理人はばら撒き用だったので葉巻アソートをチョイスしましたが、普通に葉巻はフレーバー別でも売ってますね。
抹茶やチョコレート等も含め8種類あります。
ばら撒き用、自分用、大事な人へのプレゼント用・・・守備範囲が広すぎますね、甜藝家。
ショップは銅鑼湾にもありますが、おすすめは尖沙咀のK11店。
クッキーロードのすぐ近くにあるので、まとめて回れるのが便利です!

甜藝家/Sweet Boutique

住所: Shop B122A, B1/F, K11 Art Mall, 18 Hanoi Road, Tsim Sha Tsui
電話番号: 2728‐7768
カード: 100HK$以上のお買い上げで使用可
営業時間: 10:00 – 22:00

FLORTE


尖沙咀のショッピングモール・K11。
甜藝家と同じフロアを眺めていたら、何やら良い意味で浮いているショップを発見。
誘い込まれるかのようにして入っていくと・・・

目新しい紅茶がいっぱいです!!え、めっちゃ可愛い!!!
しかも、たくさん試飲させてもらえます。
レモンティー、ジャスミンティー、プーアール茶等のスタンダードから、チェリーティーやザクロティーまで。
どれもこれもフレーバーの香りが活きており個性抜群です。そして何より、テンションが上がりますね。


パッケージまで可愛すぎます。お茶あまり好きじゃない方でもパケ買いして揃えたくなる魔力がありますね。
香港茶ってお土産としてはかなり地味なイメージなのですが、FLORTEはそのイメージを払拭してくれます。
ひと箱ずつ買うのもよし、小さい箱があるのでばら撒きにもよしです。

ちなみに茶葉はこんなかんじです。
透明なポットに入れたらとってもオシャレ!


ちなみにそのままで飲むとかなり酸味が強いので、はちみつを入れて飲むのをおすすめします。
フレーバーの酸味とはちみつの甘みがうまく中和されて、とっても美味しくなるんですよ。

FLORTE

住所: Shop B101B, B1/F, K11 Art Mall, 18 Hanoi Road, Tsim Sha Tsui
電話番号: 26822789
カード: 使用可
営業時間: 10:00 – 22:00

曲奇童話/CONTE DE COOKIE

曲奇童話のパルミエ
香港クッキー戦争の代表格はおそらく
有名すぎる『ジェニーベーカリー』『クッキーカルテット』、
あとは『コンテデュクッキー』『グローリーベーカリー』あたりだと思います。
しかし私はジェニーとカルテットはあまり好きじゃなかったです。
というよりも、コンテとグローリーがおすすめすぎると言ったほうがいいでしょうか。

ジェニーベーカリーよりも夢かわいくって特別感があって
クッキーカルテットよりも美味しい、
それがコンテデュクッキーです!

こちらは専用記事を書いてあるので参照してみてくださいね。
女子旅のマストバイお土産はコンテ・デュ・クッキー

榮光手工創意曲奇/Glory Bakery


最近香港の有力クッキー勢力に台頭してきたグローリーベーカリー。
ちらほらとガイドブックに載ってきていますね。
管理人はがこのクッキーをおすすめする理由は価格の安さ香港ならではのフレーバーです。


おすすめはなんといっても、茶餐廳の定番ドリンクのフレーバーが楽しめる「港式茶餐廳」のBOXです。
値段はなんと98HK$。これはコスパが良すぎます。
オバルティン・レモンティー・コーヒー・ホーリックが入っています。
※オバルティンとはスイスで開発され、初めて「オバルティン」という名前でイギリスで販売されたココアのような麦芽飲料。日本では現在は輸入されていないが、ミロとよく似た味。
※ホーリックとはイギリスの麦芽飲料。安眠効果があるらしい。



筆者が購入したのは、「港式茶餐廳」に更に8つのフレーバーが加わった「甜密時光」というBOX。
これだけのボリュームでなんと138HK$です。
スーツケースに余裕がある方は、このBOXをぜひ。
定番のチョコ・バター・抹茶・ゴマのフレーバーも楽しめますよ。
モロモロとした食感と優しい甘みがクセになるグローリーベーカリーですが、崩れやすいクッキーなので持ち運びには注意してくださいね。

榮光手工創意曲奇/Glory Bakery

住所: Shop C, G/F, Carnarvon Mansion, 10 Carnarvon Road, Tsim Sha Tsui
電話番号: 2811‐8482
営業時間: 10:30 – 21:30

お気に入りのお土産は見つかりましたか?
ここで紹介したお土産は、全て尖沙咀で手に入れることができます。
プロムナードや1881ヘリテージを観光するついでに寄っちゃうと便利ですよ!
自分へのご褒美や、女性向けのお土産にぜひ活用してくださいね。
それでは、次の更新まで再見。

top

辛党は必食!四川料理なら映画の舞台にもなった南北樓

美食の国、香港。中国エリアで一番シェフの給料が良いという理由から、敏腕シェフが自ずと香港に集まって来るのですね。
さて香港といえばもちろん広東料理なのですが、旅行中ずっと同じものを食べるのも飽きてしまいますよね。
特に広東料理というものは店によって味の違いこそあれ、どこもメニューが似たりよったりなのです。
ちょっと気分転換にピリリとスパイスの効いた四川料理なんていかが。
今回紹介するのは四川料理の草分けであり、創業1971年の老舗である『南北樓』です。
このお店はブルース・リー主演の『死亡遊戯』のロケ地でもあり、香港の四川料理とロケ地巡りを一度に楽しめるのです。

南北樓に行くべきつの理由


マイルドだけど物足りなさを感じさせない絶妙な辛さ

一般的に香港の四川料理というものはマイルド。香港人はそこまで辛いものが得意ではないのです。
なので辛いのが苦手な方は分かりませんが、日本人にとっても全然いける辛さだと思います。
ここのお料理は、ただただ辛さを効かせただけの四川料理ではなく
ちゃんと旨味があって、にんにくが効いており味に奥行きがあります。素晴らしい。
また、辛いものだけでなく青椒肉絲等のメニューもあり、こちらも絶品です。

エンターテイメント性抜群

看板メニューのエビチリ『鐵板干焼蝦球』はエビ嫌い以外は絶対に頼むべきマストメニューです。
最初はエビチリが熱々の鉄板とは分けてサーブされるのですが、目の前で一気に鉄板に流し込まれるのです!
その瞬間、ジュワーーーーーーー!と音が弾け、赤くて辛い煙が充満します。
赤いクロスが渡されるので、それで飛び散るのをカバーするのです。ダイナミックですね。

香港風情が楽しめる

冒頭にも述べたように、ブルース・リー好きや香港映画好きにはたまらないのではないでしょうか。
ブルース・リー主演の『死亡遊戯』で敵のアジトとして使われたロケ地です。
「レッド・・・ペッパー・・・レストラン・・・」
まあついつい二階へと登りたくなるかもしれませんが、わくわくして登っていっても
実際はトイレしかありませんのでガッカリなさらないよう。

私が頼んだメニューと感想

鐵板干焼蝦球と青椒肉絲と麻婆豆腐をオーダーしました。
前菜もあるので二人だとメニュー3つで十分ですね。

最初に言ってしまうと、この前菜のキムチが何よりも辛かったです。
豆板醤で味付けされており旨味がきいてて凄く美味しいのですが、とにかく辛くて水が欲しくなります。
しかし水を飲むと口の中がリセットされて余計ツライんですよね。友人と二人で涙を流しながら食べていました。

美味しい、でも辛すぎる!前菜ですらこれだなんて、一体どんな辛いメニューが出てくるんだ!?と思ったものですがまったくの杞憂でした。

鐵板干焼蝦球

これは殆どのテーブルでオーダーされていましたね。鉄板の音と煙ですぐにわかります。
自分のテーブルで頼む分にはいいのですが、隣のテーブルでオーダーされると
迷惑なこと極まりないですね。はい(笑)
微妙に息をするのがツライし、ちょっと目が痛くなるのです(笑)
だからこうやって、自分のテーブルで頼む時はオレンジのクロスで煙や汁をブロックするのです。

なんてマゾヒストなメニューなんでしょうか。
※普通に最初から調理済のエビチリもオーダーできますよ。(小声)

サイズが大中小と選べるのですが、二人なら小で十分ですね。7匹入っています。
エビひとつひとつがとっても大ぶりで食べづらいくらいなので、ボリューム満点です。
程よい辛さとニンニクの旨味の中、セロリが良い仕事をしています。
くどくないのでペロリと食べてしまえます。
こんなに身が引き締まっていて素晴らしい素材のエビを、こんな濃い味付けで食べてしまっていいのでしょうか。
とっても贅沢な気分を味わえる大満足の一皿でした。

麻婆豆腐

個人的に必食メニューではないなって感じですね。
とっても美味しいしちょうどいい辛さなんですけどね。エビチリ頼むならこれ要らなかったような気がします。
ただエビチリはお腹膨れちゃうので、豆腐なら軽く食べられるかなってことでオーダーしたんですが・・・
違うメニュー頼んだほうが楽しんだかなーと少し後悔しました。
単体でみると美味しいんですけどね。

青椒肉絲

個人的にエビチリと同じくらい頼むべきメニューだと思います。
いや、単純に味だけを比べるとこちらのクオリティのほうが上回っているくらい。
やはり四川料理のお店となると辛いものばかりテーブルに並べてしまいがちなのですが、
箸休めにちょうど良い優しい味付けです。辛いのが苦手な方の救世主にもなりますしね。
ああ、油の味がするなあ~ってくらい脂っこいのですが、一口一口の度に感動するくらい美味しいんですよこれが。
オイスターソースでしょうか、旨味がしっかり効いていて味に奥行きがありますね。
このクオリティの味は家庭では出せないかと思います。

まとめ


今回ご紹介した南北楼は香港でもかなり有名な四川料理の老舗であり、
香港で四川料理を食べようとなると必ず候補に上がってくるお店かと思います。
ハズレなしのお店、ということで辛い物好きにはぜひ挑戦して頂きたいお店です!
ちなみに、公式HPから予約できるのがうれしいところですね。
香港にいくなら無計画に乗り込むとおめあてのレストラン満席で入れずスケジュールが狂う、
なんてこともざらにあるのですが、予約をとっていけば安心です!
香港風情たっぷりで美味しくて、しかも利便性も抜群な南北楼、ぜひみなさんも試してみてください。

南北樓(The Red Pepper Restauramt)

住所: 7 Lan Fong Road, Causeway Bay
電話番号: 2577-3811
営業時間: 11:30 – 00:00
カード: Visa, Master, AE, Cash, JCB

top

炮台山のコスパ抜群ホテル iClub Fortress Hill

個人で旅行に行く場合、ホテルをどこにしようかかなり悩んでしまいますよね。
個人的な意見なのですが、香港の場合は本当に「シャワー浴びる」「寝る」という用途でしか部屋を使わないと思います。
ホテルに籠る遊び方をするならリゾートに行った方がいいですからね。
なので、そこまで高級なホテルに宿泊する必要性はないのではと思っています。
必要最低限の条件さえ満たしている、及第点のホテルを予約しましょう。
そんなホテルの探し方を下記の記事にまとめておりますのでご参照ください。
きれい!安い!香港のおすすめコスパ抜群ホテル
こちらの記事に則ってホテルを探した結果、今回予約したのが炮台山(Fortress Hill)にある
「iClub Fortress Hill」です。
Tirp Advisorで★4つでした。
iClub Fortress Hillの口コミをTrip Advisorで確認する

この記事では私個人の宿泊した感想を下記に綴っていきますね。

アクセス

大体MTRの炮台山駅から徒歩4分というところです。
重い荷物を持ってたら駅直結とかのほうが良いのはもちろんですが、特に坂道や段差もないし宜しいのではないでしょうか。
駅からホテルへ直線でいけばもっと早くたどり着けると思うのに、地形の関係で少し遠回りする感じになるのがもどかしいくらいですね。

ホテルのまわりにはコンビニや美心餅屋や元気寿司があるくらいですが不便はしません。
駅自体にはWellcomeだったりマクドナルドが入っています。
ここでスーパーのお土産だったり、香港のマクドナルドならではのメニューを楽しむのもありですね。

そして炮台山自体、都心から離れていると思われるかもしれませんが
主要駅の銅鑼湾や、中環・上環に乗り換えなしで行けるのでとても快適でした。
尖沙咀だって、金鐘で乗り換えて一駅です。
香港のMTRなんて主要地ならどこ行くにもそんなに時間はかからないので、この駅は穴場だと思います。
トラムの乗り場もすぐ傍なので、これに乗って香港風情に浸りながらお出かけなんかも楽しいですよ。

ホテルはどんな感じ?

まずフロントですが、日本語は通じません。それだけは注意です。
※というか香港の殆どのホテルは日本語スタッフなんかいないと思います。
しかしチェックインなんて大して話すこともないので心配無用です。
もし心配なら、事前にホテル予約サイトの領収書なり予約票なり印刷してそれを見せれば事足りるでしょう。
いまどきは航空券もホテルもeチケットだと思うので、私はそれすらも要らないと思いますが。

接客はまあ普通です。特別愛想良いわけでも不快なわけでもありません。

そしてここの朝食ですが、結構綺麗なラウンジですね。
外に出るとまあ中堅ホテルにしては豪華なテラスなんじゃないでしょうか。

ちなみに最終日にチェックアウトしたあとは、駐車場でのクロークで荷物を預かってくれますよ。
大きなソファーもあるので、そこで買い込んだお土産をスーツケースにしまうこともできます。

部屋はどんなかんじ?


もうとにかくカクカクしていてスクエアーーーって感じです。
とにかく内装はガラスとミラーでまとまっていますね。かなりスタイリッシュで無駄のない印象を受けます。
そして清掃が行き届いており、部屋の中は綺麗で清潔だと思います。
潔癖の私が言うのだからそこは信用して頂いて大丈夫です。

ベッドの硬さも問題ありませんし、ちゃんと作業台もあるのでお化粧しやすかったです。
もちろん、無料WiFiも使えます。
そしてたぶん香港の中では部屋は広いほうだと思います。

気になったことといえば、ガラスばりなので二人だとシャワールームが使いづらいという点ですね。
もちろん丸見えってわけではないのですが。

あと、トイレとシャワーブースが同じ空間にあります。そしてシャワーブースとトイレの扉が共通なのです。
どういうことかというと、トイレの扉はうち開きになっており、全開にした扉でトイレとシャワーブースを隔てることができる・・・という感じです。

わかりますか?この扉の裏側にシャワーブースがあるんです。このまま扉を開けていくと・・・

シャワーブースの扉が閉まるというかんじです。(わかりづらいですが扉に続いている壁面は鏡です)
何が困るかというと・・・
シャワーを浴びたあと、トイレの床が濡れないようにフットマットを敷きますよね。
しかし、何せ扉がうち開きなのでマットが邪魔になるんです。
結果、トイレの床が濡れて煩わしいです。

あと注意したいのが、床が濡れるとかなり滑ります。
それでこのホテル、扉という扉がガラスで出来ているので危ないです。お風呂上りは特に。
もうちょっとで流血ものの事故につながるところでした。笑
利用する際は転倒しないよう注意してください。

総合的なコメント

転倒に注意、というところだけ念頭に置いてまた利用してもいいホテルだと思います。
全体的に評価をするなら及第点は超えています。
特にアクセスと清潔さに関してはかなり良いと思います。
ちなみに私はツインルームを予約して1泊あたり10,000円強でした。
なので二人で泊まれば1泊あたり5,000円ですね。かなりお値打ち価格ではないでしょうか。
(ちなみに上の写真はダブルルームです。ブログ用に清掃後のお部屋を撮らせて頂きました。)



私が宿泊した時はHotels.comから予約したのが一番安かったです。
ホテルで迷ってる方はぜご検討くださいね。
iClub Fortress Hillの口コミをTrip Advisorで確認する

iClub Fortress Hill

住所: 18 Merlin St, North Point, Hong Kong
最寄駅: MTR炮台山(A出口より徒歩4分)
電話番号: 3963-6300

top

女子旅のマストバイお土産はコンテ・デュ・クッキー

いまや香港旅行のお土産にクッキーというのは、定番中の定番ですね。
どこの旅行書を開いても大体紹介されていますし、少し香港好きな方なら名前くらいは知っているでしょう。
そんな中でも特に有名なのが、ジェニーベーカリーとクッキーカルテットです。
ですがこのふたつはド定番すぎて、そろそろ飽きがくる頃ではないでしょうか?
今回はそんなクッキー戦争に新たな風を吹かせる風雲児をご紹介。その名も曲奇童話ことConte de Cookie(コンテ・デュ・クッキー)です。
大きく分けて、クッキーとパルミエが販売されてますのでご紹介していきますね。

クッキー


A Symphony of Bliss

クッキー缶は全部で5種類あるのですが、写真はナッツ系クッキーの缶です。

曲奇童話のクッキー

どうでしょうか?綺麗に部屋分けされていて、わかりやすいですね。
中央にある、下手かわいい木場のイラストが童話のキャラクターみたいで癒されます。
香港名で曲奇童話というだけあります。
開いた瞬間、メルヘンチックで夢かわいいこのクッキー、女子にプレゼントすればノックアウト間違いなしです!

この缶の内容ですが、
上段は左からセサミクッキー、マカダミア入りコーヒークッキー、アーモンドピーカンナッツクッキー
中段は岩塩クッキー、と木場クッキー
下段はスライスアーモンドのチョコクッキー、チョコチップクッキー
計7種類のクッキーが入っています。

そのほか4種類のクッキー缶

パンプキンシードやピスタチオが入った抹茶クッキー、それぞれマンゴー・パイナップル・ミックスベリーが入ったフルーツクッキー、ヘーゼルナッツが入ったチョコクッキーなど・・・
とても多岐にわたるので、選ぶのがちょっと大変なくらいですね!
自分の好みのクッキーをスタッフに伝えると、ベストな一缶を提案してくれますよ。
「The Joyful Fruits」なんてとくに、宝石のように色とりどりで楽しい写真映えする一缶だと思います。
その名の通り、フルーツクッキーが詰め合わせられた一缶になっています。
他にもチョコ系や抹茶系の缶がありますよ。

個人的な感想

写真の丸い岩塩クッキーには感動しました。
柔らかくて優しい甘さのクッキー生地に岩塩がよく合っていて手が止まらなくなりました。
また、どのクッキーも結構な大きさなので大満足の一枚となっています。
丸いクッキーは柔らかい生地で、四角いクッキーはカリッとした食感になっているので、食感も色々楽しめました。

パルミエ

下のようなパルミエクッキー缶「The Butterfly Dance」もありますよ。
パルミエとは蝶型のパイクッキーのことで、香港人はこれが大好きなんですね!
こちらの缶は水色の蓋に銀色の本体になっていてとてもおしゃれですね。

曲奇童話のパルミエ

中身はスタンダードなパルミエ、アーモンドレモン、ミックスグレイン、レモン&アーモンドの組み合わせです。
甘さ控えめでとっても軽い食感なので、つい食べ過ぎてしまいますよ。

素材へのこだわりとシェフ

そして特筆すべきは、これらの全てのクッキーには人工添加物や化学物質が使われていないのです。
すべて天然素材の手作りクッキーになっています。食べた瞬間、優しい味がするのも頷けます!

そしてこんなに可愛くて美味しいこだわりクッキーを手掛けるのは意外にも、
香港で歴史ある5つ星ホテルの元エグゼクティブ・ペストリー・シェフたちなのです。
マンダリンオリエンタルに勤めていたWongシェフ、
ペニンシュラとカオルーン・シャングリ・ラに勤めていたKamシェフ、
シェラトンや香港コンベンションで活躍していたManシェフの三人が結束。
いずれも、50年以上の経験を持つ熟練シェフたちで、彼らの手掛けるペストリーは香港・マカオ・中国のセレブの間でも大人気なのです。
そんなハイスペックのシェフが三人も集まって手作りしているのですから、美味しくないわけがないんですね。

店舗情報

伝統的な香港五つ星ホテルの製菓技術をしっかりと受け継いでいつつも、とってもキュートな見た目で心躍るこのクッキー。
まさにいいところどりです。気になるお値段ですが、
クッキー缶は188HK$、パルミエ缶は168HK$。いずれも大体日本円にして3000円行かないくらいですね。
(2017年12月12日現在のレートが1HK$=14.55円なので、188HK$は2700円強です。円安なのが残念ですね…)
少し値がはるので、大切な方へのお土産や自分へのご褒美ですね。
曲奇童話尖沙咀店の店舗
ご購入をお考えの方は、下記情報を参考にしてくださいね。

Conte de Cookie(曲奇童話) 尖沙咀店

住所: G/F, 8D Humphreys Avenue, Tsim Sha Tsui
電話番号: 2889‐2799
営業時間: 11:00-21:00
カード: Visa, Master, Cash, UnionPay
備考: 他店舗は灣仔と銅鑼湾(下の地図は尖沙咀です。)
【灣仔】 Shop B4, G/F, Australia House, 7-9 Luard Road, Wan Chai
【銅鑼湾】 Shop 3, G/F, Yan Wo Yuet Building, 432-436 Hennessy Road, Causeway Bay

top

台湾の添好運で港式飲茶をしましょうか

みなさま你好。
私にとってこれは広東語の「レイホウ」として頭に入ってくるのですが、台湾(普通話)では「ニィハオ」なのです。
というわけで、今回はノスタルジック台湾編!
香港を騒がせた、ミシュラン一つ星のあの激安点心レストランが、台湾にも上陸!
台湾では香港風の点心店のことを、「港式飲茶」と呼びます。
台湾に来てしまったけど香港も恋しい、そんなブレまくりのあなたにおすすめのレストラン・添好運。
果たして香港で食べたあの感動のチャーシューパンを超えることができるのか?レポートしてきました。

桃園空港使う人におすすめのレストラン

 

台北に行った事がある人なら思うことかもしれないけど、台湾って意外と台北駅周りにはあまり有名なレストランがないんですね。
殆どが中山や東門、忠考復興などにあります。
(首都の名前を取っているのに不思議なもの。東京駅みたいなもの?)

だけど桃園空港利用者としては、MRT桃園空港線でアクセスする場合は台北駅でこそ食事をしたいはず。
着いたばかりでキャリーケースがあるためあまり歩き周りたくないとか、
帰る直前の時間がない時にさっさと食事を済ませたいとか。
そういう方には非常に重宝するレストランなのではないかと感じました。
スーツケースもクロークで預かってくれるので、なるほどどういう人が多いんでしょう。

港式飲茶って台湾の点心とどうちがうの?

そもそも点心ってのはなんぞや。ってところからだと思うのですが、ざっくり言うと「間食として食べるもの」。
主菜とスープ以外の全てのものを指します。
つまり、日本ですこぶる評判の悪いあの月餅だって、愛らしいマンゴープリンやエッグタルトだって、台湾デザートの代表格であるタピオカだって、なんとラーメンや炒飯でさえも厳密に言えば点心なのですね。

これは一個人の感想だけど、台湾の点心は蒸し物が多く、日本人がイメージできる料理が殆どです。
そもそも香港に比べ点心専門店というものがあまりないような気がしたのだけど、上記の説明を前提とすると一番有名なあの鼎泰豊は点心専門店と言えますね。
その鼎泰豊のメニューといえば小籠包・焼売・海老餃子など蒸篭にはいったものと、ラーメンと炒飯。
日本人にとってとても分かりやすいメニューですね。春巻きとか見かけなかった気がします。
だけど香港の点心はそれよりもレパートリーがもっと豊富で揚げ物が多い、そしてなんじゃこりゃ?な物も多い。そんなイメージ。
中華ピロシキの咸水角、タロ芋コロッケ、大根餅、チャーシューパンを等の揚げ物をはじめ腸粉や叉焼包などとにかく飽きが来ないほどメニューが豊富です。
だからこそ、港式飲茶という言葉があるんでしょうね。

実際に食べてみた感想


ピリ辛海老餃子(左)

蒸し餃子に麻辣ソースをつけたもの。カシューナッツが良いアクセントになっていますが、ちょっと辛さが強いように感じます。食べる時はそうでもないけど後に引く辛さなので、辛いのが苦手な方やお子様には不向きだと思います。
こちらとしては海老の食感と共にピリッと来てほしいのに、のど元過ぎた後にガツンとくるなんてどこか惜しい奴です。

ミルクロール(右)

これは懐かしいやつ。さっくりジューシーな揚げトーストにくるまれた優しいミルクの味がイチオシです。
辛い餃子食べた後だからか余計に美味しく感じます。
この地味なお菓子は、香港を感じますね。


牛肉入り腸粉

残念ながら写真撮り忘れたので、香港で食べた時の写真です。
これも香港ならではを感じるなんじゃこりゃメニュー。
腸って書いてますが、腸じゃないですよ。
しかしなんだか米粉の皮が厚すぎるのか柔らかすぎるのか、水分含み過ぎて全体の風味を落としているように感じます。
それに、パクチーの風味が強すぎます。香港で食べててそんなの思ったことないのですが・・・
それと肉の食感がなく、肉を食べてる感じがしませんでした。


チャーシュー入りメロンパン

さて、ここに来た目的である、チャーシュー入りメロンパンですが・・・
パンの食感が全然違いました。香港のと比べて、パンがふかふかで存在感が強すぎるというか。
実際の調理法は分かりませんが、香港のはおそらく揚げてあると思うのだけど、これは揚げているようには感じませんでした。
香港で食べて感動したものとは決定的に違いましたね。決してまずいわけではないのですが。
あと中身も違います。台湾のものは独特な香辛料の風味を感じましたが、台湾人の舌に合わせてあるのでしょうか??

さて、私の食べたものは以上です。酷評してるように感じるでしょうか??
香港と同じ味を求めて行く場所ではありませんが、率直な感想といえば「コレはコレで」という感じでした。それに私は4種類しか食べてないので。
結構色々な種類があったので、オーダーシート埋めるのが楽しいと思います。
台湾文化の中にある香港を味わうとか、台湾で色々な種類の点心を食べたいとか、台北車まわりの手頃なレストランを探している人にはおすすめできます。

今回の記事がいかがでしたか?
日本人からすると、台湾と香港ってどこか似てるところに感じますよね。実際は全然違ったのですが・・・。
香港好きを語るためには、台湾にも行っておかないと!ってことで行った今回の旅。
近々、台湾と香港の違いを記事にまとめてみたいと思っています。

再見。

top