リベンジ・翡翠拉麺小籠包―中環編―

リベンジ・翡翠拉麺小籠包―中環編―

さてさて。香港での最後のディナーになってしまいました。
準備不足だった私は何が食べたいのか全く頭に思い浮かばず、とりあえず香港最後の日に小籠包食べ納めとかないと気が済まないな、ということで翡翠拉麺小籠包に。
前の旅行でも尖沙咀店に行ったんですが、あんまり私の中での評価は高くなかったんですね。
それはハーバーシティ店という立地にあぐらを掻いたあの店舗だけなのでは、という私の推測は果たして・・・!?

スポンサーリンク

駅直結は便利どころか曲者である

IFCモールっていう香港駅直結の商業施設に位置するこのショップ。辿り着くまでに大分迷いました。
そりゃそうだすね、駅直結って意外に曲者だと思います。
だって、日本でも大阪駅構内とか新宿駅構内にあるレストラン見つけるの、想像するだけで骨が折れませんか?
添好運の中環店はこのお店のすぐ近くにあって、そうそうここでも迷ったんだった!とね。

翡翠拉麺小籠包でオーダーしたもの

担々麺

担々麺
あまりきれいな写真ではないのだけど、とりあえず細麺ですって伝えたかったんです。笑
それでですね、なんといってもびっくりなのが麺の長さ。手繰っても手繰っても一向に終わらない。
ギャグかっていうくらいの麺の長さです。
でもまあ香港の拉麺にしては茹でられすぎていない点は評価できます。
肝心のスープの味なんですが、辛さはそれほど辛くはないと思います。それはいいとして、
とりあえず酸味が強い。旨味が足りない。やりなおし。

小籠包

小籠包
絶対に外せない小籠包。これだけはここのお店よりも美味しい小籠包を食べたことがありません。
むしろおやつにこれだけを頼むために入りたいけど、店員の目を気にしちゃってそれができない日本人根性。こんなときだけ。

キムチ炒飯

キムチ炒飯
酸味が強い。旨味が足りない。
香港の唐辛子系の料理はどれもこうなのでしょうか?

よくわからんもの

よくわからんもの
こいつは多分サラダ枠。香港の友達が頼んだものだけど、日本人の私からしたら発想が全く理解できないメニュー。
ライスヌードル(たぶん)の上にきゅうりとささみの細切りを加え、ごまドレで和えたもの。
味はまあ悪くはなかったです。こういう店では脂っこいものが多くなるので、いいかもしれません。
(カロリー的には低くはないよね、ライスヌードルだし。)

・・・うーん、なんだかベタ褒めできるとこが、小籠包しかないですね(・・;)
こういう経験をすると、やはり日式拉麺は偉大だと思います。一蘭やら一風堂のようなものを想像して食べるとガッカリしてしまいますよ。

ちなみに、食べ終わった頃に店員さんが決まり悪そうに荷物を隠すカバーを持ってきてくれました。笑
(おばちゃん、もう私ら出るとこなんやけど。笑)
まあそれでも尖沙咀のハーバーシティ店の接客より一万倍ましですけどね。笑

こんなに酷評しても、きっと私は次の旅行でまた行ってしまうんだろうなあ。
だって、私の思い出の翡翠拉麺小籠包はこんなものじゃなかったはずなんです。
今度こそは、思い出のコーンヒルプラザ店に行く。絶対。

翡翠拉麺小籠包(中環店)

住所: Shop 2018-2020, 2/F, IFC, 1 Harbour View Street, Central
電話番号: 2295-3811
営業時間: 11:00-23:00
備考: 香港に全13店舗あり

スポンサーリンク

食べるカテゴリの最新記事