朝ごはんに悩んでるなら、點一龍で朝飲茶にしましょう

朝ごはんに悩んでるなら、點一龍で朝飲茶にしましょう

みなさん早晨(ジョウサン)♪
旅行中の朝ごはんって意外に悩みますよね!ホテルのバイキングで済ませちゃうって方も多いと思いますが、私としてはせっかくの香港旅行なら朝ごはんでも香港気分に浸ってもらえたらなと思います。
香港の朝ごはんといえば・・・茶餐廳でパイナップルパンを食べたり、ガーフェイでフレンチトーストを食べたり、異国由来のベーカリーでパンを軽く・・・様々な選択肢がありますが、おすすめは早茶です!
今回は早茶が出来て、お腹も心も大満足になれるお店、”點一龍”をご紹介します♪

スポンサーリンク

早茶ってなんだろう?

朝マックならぬ朝飲茶のことです。あーんな脂っこい点心を朝から食べよう!なんて、ちょっとびっくりしませんか?

香港では早茶はかなり一般的な文化で、朝の7時からオープンしている飲茶専門店が多いのです。
日曜の朝に家族(または親戚)で卓を囲みゆっくりお喋りしながら飲茶を楽しむ・・・というような感じですね。
有名どころでいえば朝7時にオープンの”陸羽茶室”で、朝のみ駅弁スタイルで飲茶を楽しむことができます。特にこのお店は古くから贔屓にしているお家が多いようで、ガイドブック常連ではありますが一見さんには厳しく旅行者が使うにはあまり適していないと思います。
そこでおすすめしたいのが今回ピックアップする”點一龍”です。

點一龍をおすすめする理由

とにかく何を選んでもハズレがなく期待を超えてきてくれるお料理の質、これに尽きますね。
そしてその割にお値段もリーズナブルで、小さい点心ならHK$28~・大きな点心でもHK$56くらいです。これは”陸羽茶室”と比較すると半額から2/3くらいになります。もちろん一品ごとのボリュームにも大満足なのでコスパの良さは保証します。
そして、営業時間がAM8時~PM22.5時なので用途の幅がすごく広い。早茶だけでなく夕飯のお店としてもすごく優秀で、ワインと一緒に飲茶を楽しむことも出来ます。
これのどこが優秀なのかというと、香港では夜の時間帯に飲茶を頂けて、かつお酒も一緒にオーダーできるお店は意外にも少ないのです。飲茶は元々”お茶を飲みながらランチやおやつとして点心を楽しむ”というものなので、飲茶専門店ならともかく通常の広東料理店では夜は飲茶メニューは利用できませんし、飲茶専門店ではお酒をゆっくり嗜むような雰囲気ではありません。
でも”點一龍”ならば、”点心をつまみに酒”という夢が叶うわけなのです!!!それもそのはず。”點一龍”の英語名は”Dim Sum Bar(点心バー)”ですから。
そしてアクセスの良さも抜群で、尖沙咀のハーバーシティの一角にあります。ここで早茶したあと九龍公園を散歩、というのが私のおすすめコースです。ハーバーシティに行く方にはぜひ利用して頂きたいレストランです。
また、店内もすごく綺麗で気持ちよく利用できますよ。

オーダーした点心をレポート

脆網皮海皇腸粉(HK$56)


一番好きな点心のメニューです。腸粉とは米粉クレープを茹でたもので叉焼や海老を巻いたメニューが一般的なのですが、こちらは海老フライが巻かれています。この柔らかな米粉クレープと海老フライのサクッとした食感が絶妙でハマってしまい、飲茶専門店にいくと絶対にオーダーするようになりました。また、老油というたまり醤油のような甘い醤油が海老フライにベストマッチしています。この醤油持って帰りたい・・・

咸水角(HK$36)


これも私のお気に入り点心のひとつ。ほのかに甘い揚げ餅の中に、叉焼がごろごろ入ってます。
とってもジューシーで美味しいのですが、朝から食べると一気に重くなりますね。

年年有餘蘿蔔糕(HK$45)

おなじみの大根餅の上に甘いタレがかかったうなぎが載っている贅沢な一品です。(アイキャッチ写真の左下)
これは醤油なしでも美味しかったです!

黒蟹子小籠包(HK$38)


正直黒トリュフの味は庶民の私にはレポートできませんが、普通の小籠包に贅沢気分をプラスして頂くことができるのではないでしょうか♪
そこらの点心専門店の小籠包と遜色なく美味しいです。安定メニューですね。

桂候牛腩麺(HK$70)

アイキャッチ写真の右上、買ったばかりの一眼で撮ってるのでピントが合ってないのですが、びっくりするくらい美味でした。
香港のラーメンって味も薄いし、カンスイ多すぎてぶよぶよのゴムみたいだし、スープが口に合わないと専門店のラーメンでも微妙なことが多いんですよ。
だけどこれは本当においしい。牛肉スープがあっさりしてるのにコクがあって濃厚で…あの特徴的な麺とうまく調和してるんです。
広東料理店のラーメンが、まさか専門店のラーメンよりも美味しいとは思わなかったです。これはリピート必至ですよ。

雪影叉焼包(HK$36)


もはやお馴染みメニューとなった叉焼パイナップルパン。まあ大体どこの点心専門店でも、パン生地はパイナップルパンということが多いのですが、ここは普通のパイナップルパンとは違いますね。
揚げパンなんだけど白くてホロホロしていて・・・不思議な食感がします、日本にはないパンです。ほのかに甘くて脂っこいんだけど、パン自体はおやつみたいです。
中の餡はふつうの蜂蜜叉焼ですね。
めっちゃ美味しいのですが、食べただけでカロリーがやばいとわかるこのメニュー。朝ごはんなら多少カロリーオーバーでもセーフにしておきましょう。

店舗情報

今回のピックアップはいかがでしたか。
個人的には、この記事を書くまでに既に2回訪問しているくらい気に入っているお店です。
幅広い用途に使えてコスパも抜群なので、どんなシーンで使っても失敗がないお店として自信を持っておすすめします。
ぜひ試してみてくださいね♪

點一龍

住所: Shop G103, G/F, Gateway Arcade, Harbour City, 3-27 Canton Road, Tsim Sha Tsui
電話番号: 2175-3100
営業時間: 08:00 – 22:30
クレジットカード:Visa, Master, AE, Cash, UnionPay, JCB

スポンサーリンク

食べるカテゴリの最新記事