夢かわいいハイティーとアロマの香りに癒される♪DK Cuppa Tea

夢かわいいハイティーとアロマの香りに癒される♪DK Cuppa Tea

「可愛い」が溢れるハイティーが楽しめるということで、上環にあるアロマショップを訪れることにしました。もうね、こういうオシャレなお店は上環と相場が決まっているようなもので、オシャレなものを探していたら上環に行きつくし、上環を歩いていたらオシャレなものに出会えるんですよね。

オシャレな街で、アロマの香りに癒されながら、ロマンティックなものに囲まれたティータイムを過ごす。とっても贅沢な時間だと思いませんか?
可愛いものが大好きな女子に絶対におすすめしたい、アフタヌーンティーのお店【DK Cuppa Tea】を紹介します。

スポンサーリンク

アロマセラピーのスペシャリストが経営


お花に囲まれて見るからに女の子のための場所というような佇まいのこちらのお店、アロマセラピストコンサルタントのキャットさんが切り盛りする【DK Aromatherapy】というアロマショップです。香港ってすごくお店の入れ替わりが激しいのですが、そんな場所で16年も前からアロマを用いた自然療法を提案している人気店なので信頼が置けますね。実はこの施術を香港で初めて提唱したのもキャットさんなのだとか。

店内にはオリジナルアロマオイルがいっぱい。お買い物してるだけでも癒されそうです。
そんなアロマセラピーのアイデアをふんだんに用いたハイティーが、併設されたカフェ【DK Cuppa Tea】で提供されています。

夢かわいい乙女チックなハイティーに心奪われる

ユニコーンだったりお花だったりコットンキャンディだったり・・・香港の忙しいキャリアウーマンが純真な乙女に戻って癒されるハイティーになっています!一目みた瞬間からハッピーになれること間違いなしですよ。また、季節によってハイティーの中身やコンセプトも変わっていくので要チェックです。
こんなふうに少し大人っぽい紫色を基調にしたセットや・・・

バスタイムをモチーフにしたハイティーや

ピクニックモチーフのキュートなバスケットに入ったセットも!

香港に訪れるたびに行きたくなってしまいそうですね。

私たちがオーダーしたセットは「Frosty Garden」という水色カラーが可愛いセット。このセットには飲み物がついてきます。まず最初に紅茶が運ばれてきました。

まさにその名の通り、粉雪が降り注いでくるかのような幻想的な一杯になっています。湯気で溶かされたコットンキャンディがシュガーの代わりに紅茶に注がれるという奇想天外のアイデアです。紅茶の香りを楽しみながら、綿あめが溶けるのを待つ・・・至福のひと時ですね。もちろん待っている間コットンキャンディをちぎってつまみ食いしてもよしです!


来た瞬間テンションマックスの夢かわいいセット。可愛いだけだと侮ることなかれ。気になるお味ですが、どれも高級ホテル顔負けのクオリティです。キッシュや牛肉パイのようなごはん系もとっても美味しいのですが、ペストリーは更に格別です。それもそのはず、フランス直輸入のものを使用しており、チョコレートはラトビア産とかなり拘り抜かれています。チーズケーキ、カップケーキ、マカロン、スコーン、チョコレート、クッキー・・・「盛りだくさんすぎて太ってしまいそう」、と女子ならそう思うところですがご安心あれ。さすが自然療法のスペシャリストが提供しているだけあって、オーガニック食材に拘り通常のペストリーよりもカロリーは控えめに作られています。
こんなに夢かわいいのに、ボリュームたっぷりでヘルシーで味も最高。女子の味方の贅沢すぎるハイティーでした。

個人的にびっくりしたのが、カップケーキに刺さっているユニコーンの人形。
友達「これ食べられるかな??」
私「いや、それは食べ物じゃないでしょ。そんなもん食べようとする人いないでしょ!笑」
友達「Allanaちゃん見てこれ・・・・食べれるよ!!」
私「まじか!!!!」
いや、まじでよく出来すぎてて人形だと思ってたらホワイトチョコレートでした。これには仰天。みなさん忘れずユニコーンの人形も食べてくださいね…笑

店舗情報

今回のピックアップはいかがですか。
ここのカフェスペースは草色の絨毯が敷かれていたり、ユニコーンのぬいぐるみが置いてあったりと、まるで幼い女の子に戻ったかのようにはしゃぐことができますよ。
アロマの香りに癒されて、時間を忘れるようなティータイムをぜひ体験してみてくださいね。

DK Cuppa Tea

住所: G/F, 19 New Market Street, Sheung Wan
電話番号: 2386‐3588
営業時間: 12:00 – 20:00 (アフタヌーンティーは11:30-18:30)
カード: Visa, Master
予約方法: DK Cuppa Teaの公式Facebookアカウントからメッセージで

スポンサーリンク

食べるカテゴリの最新記事