海外旅行先で一蘭にいくのは愚行かな?

一蘭

創造してた素敵バーとは乖離していたアイ・バーからとぼとぼホテルに帰る私たち。
すると道中目に飛び込んできた素敵な看板。

「いや、さすがにこれは・・・」「しかし一蘭ファンの私たちは海外の一蘭はどんなもんか確認しとく必要がある!」ということで。吸い込まれるように入っていってしまいました。


香港人の味付けは薄い。だけど、辛さに関しては味覚がおかしい。
そして麺ゆですぎのきらいがあります。

という、わたしなりのデータベースで分析の結果、
このようにオーダー。

味付け:濃い
麺のかたさ:バリ硬

そして出てきたラーメン。
一蘭

うん。日本で食べるそれとは1㎜も違わない豚骨ラーメンでした!

しかしこれで日本基準でいう、
味付け:ふつう
麺のかたさ:ふつう

辛さの基準は同じくらい。

細かい違いはあれど、一蘭は海を越えてもその美味しさを見せてくれましたよ。
それもそのはず、空輸してるんですもんね。笑

しかし今日食べた翡翠拉麺小籠包のあの辛すぎる拉麺より美味しかったです。悲しいことに。

答:愚行というほど愚行ではない

香港って日本のチェーン店が人気なんでしょうか。
アイ・スクエアにもこんなのありました。


と、いうことで私たちの輝かしい香港旅行1日目終了。
明日は故郷・太古へ。

スポンサーリンク

No comments yet

leave a comment

*

*

*

CAPTCHA