バリ島発のポテトヘッドが香港に!KAUMでリゾート気分ランチ♪

バリ島発のポテトヘッドが香港に!KAUMでリゾート気分ランチ♪

今回は異文化が入り乱れる港町・香港でだからこそ行ってほしいインドネシア料理のお店をご紹介します。
「え?香港に来てインドネシア料理?」って思われるかもしれませんが、実は香港はインドネシア人やベトナム人が非常に多いのです。家賃がバカみたいに高い香港では女性が男性に負けずにガッツリ働いている家庭が大多数であり、尼さんと言われるお手伝いさんを雇うのが一般的(ただでさえ狭い部屋がもっと狭くなるんだけど…)。そのお手伝いさんは大抵インドネシア人かベトナム人なので、自然とアジアン料理の食文化も発達するのです。
中華料理に飽きてきたらこういった外国籍の料理にぜひ挑戦してみてほしい、そして香港というパワー溢れる港町の文化を感じてほしいなと思います。
特に今回紹介する”KAUM”は独特な雰囲気を持っている非常にオシャレなお店。店内も綺麗なので、旅慣れしていない方にも気に入って頂けると思います♪

スポンサーリンク

バリ島の人気ビーチクラブ・ポテトヘッドが香港に上陸


香港の中でも特に多国籍料理店が多く集中する人気急上昇中エリア・西營盤に佇む個性的なこの建物。
存在感抜群なのに妙に馴染んでいる理由は、外壁の柄にありました。これ、香港のマンションの窓枠と同じパターンなのです…!非常にユニークで面白いですね。
ポテトヘッドといえば、バリ島で今人気のスポット・スミニャックにあるセレブ御用達のビーチクラブ。プールやビーチで寝そべりながらカクテルを楽しむことが出来る大人の遊び場なのです。
香港店はビーチやプールはないけれど、まるでリゾートのような居心地の良い空間とスパイシーなお料理でバリ島気分に浸れること間違いなしです♪
このお店の中にミュージックルーム・バー・レストラン・雑貨店が入っており、私にとって全く新しいスタイルで驚きに溢れていました。

無機質な空間にカナリアカラーのシートが映えるテーブル。
ミラーのプランターで植物が浮き上がったようになっています。

スピリッツの種類の多さに驚きのバーカウンター。

内側を除くとスタッフ達の丁寧な仕事ぶりが伺えます。

この内装は全て日本の建築家である藤本壮介さんが手掛けられたそうです。こんなインターナショナルな場で活躍されているなんて同じ日本人として誇らしくなりますね。それだけで、バリ×香港のお店なのに妙に親近感を感じてしまいました(笑)。
私がノマドワーカーだったらここで優雅に仕事がしたい。そんなありもしない妄想が広がるような素敵な内装でした。

スパイスたっぷり!本格インドネシア料理を満喫

お料理はどれもこれもハイレベルでした。結構スパイスが効いているので、辛党の方にぜひ試して頂きたいです。
お水とスパークリングウォーターを選べるのもポイント高いです。スパークリングは食べ過ぎ防止になるのでダイエット中の方にはおすすめですよ。

GADO GADO KAUM(HK$95)


かなりエスニックな味付けになっていてスパイシーでした。でもただスパイシーなだけでなく、ピーナッツドレッシングの甘みが程よく辛さを抑えてくれるので食べやすいです。ホワイトカシューも良いアクセントになっていて、前菜のサラダで既に大満足♪

SATE AYAM(HK$125)


アヤムとはインドネシア語で鶏肉という意味。このお料理はインドネシア風焼き鳥です。
これは唯一辛くなかったお料理でした。ピーナッツソースがたっぷりかかっていて、甘辛くて超美味でした。ピーナッツソースって日本ではあまり馴染みがありませんが、ごまドレッシングのような味噌のようなソースです。甘い醤油で味付けされた柔らかジューシーな鶏肉の味を良く引き立てています。

NASI GORENG UDANG(HK$168)


非常にスパイシーなお料理でした。東南アジアで広く使用される魚醤・シュリンプペーストという海老を発酵させた調味料で炒められていて、独特な味だけど旨味たっぷりでした。でもその旨味をかき消すくらいに辛いです。私は割と辛いものが好きなほうですが、完食するのがしんどかったです。

店舗情報

今回のピックアップはいかがでしたか?
こういったアジアン料理が美味しいのも香港の食文化の大事な要素の一つです。
旅行気分を盛り上げてくれる素敵な内装を囲まれながら、ぜひバリ島のトラディショナルなお料理を満喫してくださいね。

KAUM (in POTATO HEAD)

住所: Potato Head, G/F, 100 Third Street, Sai Ying Pun, Western District
電話番号: 2858‐3036
営業時間: 17:00 – 23:00(平日)/11:00 – 23:00(休日)
カード: Visa, Master, AE, Cash

スポンサーリンク

食べるカテゴリの最新記事