1881ヘリテージど真ん中!王子飯店で後悔させない贅沢広東料理

1881ヘリテージど真ん中!王子飯店で後悔させない贅沢広東料理

誰に何回尋ねられようが、香港に来て絶対食べるべきは広東料理。今までの記事でもさんざんそう語ってきました。そして無添加の食材を使用するという現在の高級広東料理の主流を築き上げたのが、今回ピックアップする『王子飯店』です。現地セレブ御用達のお店で、日本人のリピーターも多数なんだとか。ご多分に漏れずその料理の虜になった私、あまり一度行ったレストランをリピートするタイプではないのですが、このレストランならぜひ再訪したいというくらい気に入りました。
どこで食事しようか悩んでいる方は、ぜひ。その旅行に未練を残させないくらい満足度の高い食事を提供してくれますよ。

スポンサーリンク

ロケーションは観光地の真っただ中

店舗は全部で3つあるのですが、私たちは尖沙咀の1881ヘリテージの店舗を訪れました。1881ヘリテージといえば、日本の歴史とも縁の深いコロニアル調の歴史的建築物ですね。香港に訪れる際には大体の人がここに来て写真を撮るのではないでしょうか。実は、現地の大学生も卒業式の際はここで撮影するのが恒例だそう。

この敷地の中にある店舗は他に比べ少々観光地価格ではあるのですが、最終日だったので背に腹は代えられません。アクセスの良さとロケーションを優先しました。
専用エスカレーターがあるので、すぐに見つけることができるでしょう。期待度がどんどん上がっていきますね。

エントランスが見えました。品のあるたたずまいです。

レストラン全体が円柱になっていて、中心にキッチンがある造りになっています。そのおかげか、隣のテーブルが遠いので落ち着いて食事ができますよ。ゆったりしていてとても素敵なスペースです。

広東料理と飲茶のランチ

広東料理のお店は、一緒に飲茶のメニューも扱っている場合がほとんどです。もちろん、王子飯店では無添加の食材に拘った高級飲茶がこんなにたくさんの種類から選んで愉しめます!写真も載っているので、広東語や英語が苦手な方でも失敗しないメニュー選びができるのが嬉しいですね。ついつい頼みすぎてしまいそうです。

天下第一包

私は訪れる前から気になっていた、「天下第一包」というオリジナル天心を注文しました。チャーシュー入り蓮の餡まんじゅうで、ここの看板点心です。ツヤツヤのまーるい見た目に惹かれたのですが、意外にも皮が薄く中身たっぷりで感動しました。このお店に来るならぜひ注文してほしいメニューです。

咸水角

日本では「中華風ピロシキ」や「もち米揚げ餃子」などと称される咸水角。ハムソイゴと読みます。上げたもち米の中に叉焼やタケノコなどの具が入っているという悪魔の食べ物です。ただでさえカロリーの高い点心の中でもひときわ高カロリーな咸水角ですが、そんなことどうでもよくなるくらい美味いのです、これが。
しかし「天下第一包」の中身も叉焼なのでまるかぶりでしたね笑。咸水角が好きすぎるのでそんなこと忘れていました。点心を頼むときは中身の具に注意してオーダーしないと胃もたれします。

海老のガーリック炒め

これは自信を持っておすすめできるメニューです!やっぱり広東料理店の炒め物はハズレなしです。
高級食材を使用しているだけあって、海老の身の引き締まり方が半端じゃありません。密度がすごい。そんな海老さんたちをサクサクに揚げたガーリックと一緒にどうぞ。食欲が止まりません。

牛肉の蜂蜜と黒胡椒炒め

蜂蜜の甘さが染み渡った柔らかい牛肉が最高です!そこに黒胡椒が加わって、全体をピリリと引き締めてくれています。とても良い仕事!
蜂蜜って牛肉を柔らかくしてくれるそうですね。まさに素材を活かす高級店ならではのワザですね!

店舗情報

今回の記事はいかがでしたか。
訪れる予定の方は、公式HPから予約ができますよ。日本人利用者が多いせいか、返信は日本語で返ってきました笑。
現地セレブの舌をも唸らせる王子飯店、尖沙咀散策の際はぜひ挑戦してみて下さいね。

王子飯店

住所: Shop 209, 2/F, 1881 Heritage, 2A Canton Road, Tsim Sha Tsui
電話番号: 2366-1308
営業時間: 11:00 – 23:00
カード: Visa, Master, AE, JCB

スポンサーリンク

食べるカテゴリの最新記事