SEVVAで優雅なアフタヌーンティー

さて。中環のプリンス・ビル最上階のこちらのレストラン。
お手元の旅行書にも、バーとして紹介されているのではないでしょうか。

今回はアフタヌーンティーで利用しました。
予約はできないのだけど、普通に行っても余裕で着席できましたね。
※私たちが行ったのは金曜日の15時くらい。
ここのアフタヌーンティーはあまり旅行書で紹介されてないから穴場なのかもしれません。

スポンサーリンク

忙しい毎日を忘れて優雅なアフタヌーンティーを

エントランスにはかわいいケーキがたくさん並んでいて、テンションMAXになってしまいます。

とってもとっても素敵なお席ですね。

高級ファッションブランドの重役を務めたボニー・ゴクソンさんがオーナーなんだそうですよ。
すべて色番号だけで指定してデザインするそう。世の中には稀有な才能をお持ちの方がいるものです。

ここのお店、ものすご~く縦に長いので店員に声が全く届きません。
無視してんのか?!ってくらい、全然オーダー聞きにきてくれません。
あなたが優雅なひと時をここで過ごしたいのなら、決して声を張り上げてはいけません。
そして、ハードスケジュールを組んではいけせん。
ただひたすら、この素晴らしい色の調和を目で愉しみ、窓から見えるこの絶景に見とれながら、店員が傍を通るのを待ち続けるしかないということですね。

ほら、窓辺に佇んでいるこいつだって、時間の流れの早いアジアきっての金融街で優雅に黄昏ています。

あまりの絶景だったので、テラス席に行きたかったのだけど、こちらはレストラン利用のみだそうです。
もうまさに摩天楼のオアシスってかんじなんでしょうね。
次回は絶対絶対バー利用したいと思いました。

と、レストラン内をじろじろ見ていたところでアフタヌーンティーのやってくる足音が。

アフタヌーンティーの足音

アフタヌーンティー詳細

このボリュームすごくないですか?

上段・中段がからいもの、下段が甘いもの。

覚えている範囲で、
上段:揚げ春巻き・蟹サラダバーガー(私命名)・サーモンのトースト
中段:牛カルビバーガー・茸のあんかけおこげ(私命名)・サンドロール
下段:チョコディップ苺(私命名)・モンブラン・カラフルなケーキ・レモン風味ケーキ・カラフルゼリーの乗ったパンナコッタ

内容的には圧倒的に甘いものよりもごはん系が多いかんじ。一段と目を惹くハンバーガー、どちらもすごくおいしい。
このセットの圧倒的な存在感により忘れかけていたけど、紅茶もすごく素敵な香り。
視覚と味覚と嗅覚で楽しむハイティーってかんじでした。

以前の旅行ではインターコンチネンタルでアフタヌーンティーをしましたが、
私は断然シーヴァのほうが気に入りました。

インターコンチネンタルのアフタヌーンティー

参考までにロビーラウンジのアフタヌーンティー。比較的甘いものが多い。
このスコーンがまた美味しかったんです。

どこのハイティーでも、とにかく食べきれないくらいのケーキたちが出てくるんだけど、それもそのはず。
アフタヌーンティーは食事を兼ねたイギリスの喫茶習慣らしく、事実上の夕食らしいのです。
サンドイッチ → スコーン → ケーキの順に食べるのがマナーみたいですね。

せっかくなので、カクテルも注文してみた。

わーなんかアジアのカクテルっぽいなって思ったのがですね。
このカクテル、キュウリのスライスが乗ってるんですね。しかも無駄におしゃれ。
バリ島にいったときも、カクテルにキュウリが乗ってたんですよね…

これ。※カルマ・カンダラのレストラン:ディ・マーレ

バリのレストラン

まるでテキーラ・サンセットのオレンジスライスかのように澄ました顔したキュウリが乗っていました。
しかもこのドリンクに至っては、キュウリのカクテルなのです。

日本ではあまりやらないキュウリの使い方ですよね。
しかも香港では、やたらとメインディッシュの付け合わせでキュウリが出てくるように感じました。
香港人はキュウリが好きなのでしょうか??

素敵な空間にもそろそろさようなら。
エントランスの壁画の写真を記念に。

記念撮影

可愛くて素敵な空間で、テンション上がる体験がしたい女性にはマストプレイスですね。
フォトジェニックな写真が撮れることを保証しますので、ぜひ訪れてみてください。

SEVVA(シーバ)

住所:25/F, Prince’s Building, 10 Chater Road, Central, Hong Kong
電話番号:852-2537-1388
営業時間:
アフタヌーンティー14:30~17:00(月~金)、15:00~17:30(土)
定休日:日曜日
URL:http://www.sevva.hk/
メモ:バー利用ではテラス席の予約可能

スポンサーリンク

No comments yet

leave a comment

*

*

*

CAPTCHA