高級中華レストラン・香宮でディナー

海景軒も鹿鳴春も予約いっぱいで入れない。
しまった。出国前に予約しておけば…
困り果てたわたしたちは滞在してるカオルーン・シャングリラホテルのコンシェルジュに相談することにしました。
ルームゲストなら予約満員でもなんとか滑りこませてくれるようですね。

気を取り直してレストランへ。

スポンサーリンク

いかにも中華ってかんじの荘厳な雰囲気のレストラン香宮にて

下記のように注文

  • ガチョウのロースト・・・220HK$
  • パイナッップル入り酢豚・・・188HK$
  • 石焼チャーハン・・・320HK$

本当は北京ダック頼みたかったけど、めちゃくちゃでかいらしく、しかも700HK$とべらぼうに高いので断念しました。
料理揃うとこんなかんじです。
香宮でディナー
このガチョウのローストだけは、味付けがどうも口に合わなかったです。
香港らしい匂いと味なんだけど、どこか薬品の風味がするというか…
あとね、食べにくいんです。
前の旅行でガチョウのローストごはんを食べた時(太興だったかな)もそうだったんですが、骨がところどころにあって、しかも鋭くて口の中痛いんです。でもその時不思議だったのが、店内の香港人の皿を見るとみんな完食してるんだけど骨が残ってないんですよね…あれは誠に不思議です。

他はとにかくおいしかったですよ。
チャーハンがぱらぱらですごくおいしいんです。しかし、見た目以上にお腹にがつんときますね。
そしてウェイターさんが、お皿を空にする度によそってくれます。さすが高級店ですね。

何よりも一番おすすめなのがこの酢豚です。
上手すぎる酢豚
見て分かるようにパイナップルとボール状のメロンがごろごろ入っています。
このジューシーなフルーツがピリ辛の酢豚とよく合うのなんのって。脂っこいものにフルーツってベストマッチ。
こんなおいしい酢豚食べたことないってくらい美味しかったです。
香港の炒め物はとにかくハズレがありませんね。まあ食べると明らかにしこたま油使ってるのがわかるんですが、その油の質が日本と違う気がします。
シンプルな炒め物でも楽しめると思います。
そんなハズレのない炒め物たちの中でも、上のは上位にくるくらい美味でした。

お会計は…お茶と水の50HK$と、チャージ代78HK$あわせて856HK$
日本円にして、約12000円。 高いですね。
しかも私たちチャージ代含まれてると知らずチップもおいていきました。
気前いい日本人(笑)
こういうレストランではチップは本当は必要ないんですね。

まあでもこの値段の価値はあった、そう思うくらい必食の酢豚でした。

香宮

住所: No. 64 Mody Road, Tsimshatsui East, Kowloon
電話番号: 2733 8754

スポンサーリンク

No comments yet

leave a comment

*

*

*

CAPTCHA