マンゴープリンが至高!香港スイーツといえば迷わず糖朝

糖朝

香港スイーツブームの火付け役と称される、糖朝。
あまりにも有名すぎる存在であり、香港旅行の際にはとりあえず行先としてピックアップされるベタなお店なのです。

スポンサーリンク

私が糖朝を選んだ4つの理由


1.朝早くから営業していて朝ごはんにぴったり

なんといっても一番のメリットはこれですね。尖沙咀店はなんと7時半から開店してるんです。
ホテルで朝ごはん食べるくらいなら、朝から香港らしいメニューなんていかが?
お粥が有名なお店なので、さっぱりめで朝ごはんにぴったりですよ。

2.日本では高級店

まあこのお店は日本に7店舗あるくらい有名なお店なんだけど、日本だとどういうわけか高級店扱いです。
難波にいたっては高島屋に入ってて、ワンタンメンが1200円もかかったり。
そんな高級メニューが香港では出血大サービスもいいとこのお値段で注文できてしまうんです。そう考えるとすごい!

3.メニューが豊富でわかりやすい

ここはスイーツのお店としてよくスポットライトを当てられるけど、普通にごはんをがっつり食べられるお店です。
メニューも豊富ですぐには決められないかもしれませんね。あ、ちなみに点心はないですよ。
そして、香港では珍しい写真付きメニューなので、漢字ばかりのメニューで全く予想だにしないお料理がきた!なんて事態もないでしょう。
香港や中国にあまり行く機会がないんだ、って方におすすめ。

4.マンゴープリンがうますぎる


糖朝のマンゴープリン
エバミルクがかかてっていてクリーミーなマンゴープリンの中に、フレッシュマンゴーがおしげもなくごろごろ入ってます。
一度食べたらそこらのマンゴープリンを食べられなくなるでしょう。

注文したメニューたち

わたしはジャージャー麺を注文
ジャージャー麺

友人はワンタン麺を注文
ワンタンメン

友人と交換してどっちも試したけど、私はジャージャー麺をおすすめします。
濃厚な味付けのお肉と、この歯ごたえのある細麺がとってもよく合うんです!
辛いのが苦手な方でも、安心して食べられる味ですよ。
友人も同じことを言っており、ジャージャー麺を頼めばよかったと後悔したほどだとか。
このジャージャー麺はまた日本のお店で食べたいくらい美味しかったのですが、残念ながら日本にはないのですね。

私にとってマンゴープリンとは糖朝のそれなんだ

締めのスイーツにマンゴープリンを注文。
噂では、これの苺版でピンクのプリンがあると聞いていたのですが・・・確認できず。
私はもともとマンゴーなんか好きじゃなくて、糖朝のマンゴープリンが生まれて初めて口にしたそれだったのですが、衝撃をうけました。
これはもう100%マンゴーとミルクで出来ているんでしょうか。密度の濃さが半端ないです。
余計なものが混ざっていないおいしさ100%のメニューです。
ずっしりお腹にくるようなボリュームなんですが、マンゴーのフレッシュさでぺろりといけちゃう絶品プリン。
やっぱり糖朝のマンゴープリンは最高です。

天邪鬼なわたしはプッシュされまくってるからあまり来たくなかったのですが、ここのはなんだかんだ許留山のマンゴープリンより美味しいと思っています・・・
(ていうか許留山もたいがい香港人がしょっちゅう食べるような代物じゃないらしいですけど笑)

ちなみに日本の店舗で出されているマンゴープリンは空輸しているものなので、本場の味そのままですよ。
700円くらいかかりますけど、日本で食べても香港で食べても、マンゴープリンに限っては同じです。
なのでここはスイーツが主目的でなく、朝ごはん利用におすすめしたいレストランと言えますね。

糖朝

住所: Shop A, Basement, Hong Kong Pacific Centre, 28 HanKow Road, Tsim Sha Tsui
※ビクトリアピークの山頂にもある

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

No comments yet

leave a comment

*

*

*

CAPTCHA