昼下がりのTiffin(ティフィン)で麗しいアフタヌーンティー

昼下がりのTiffin(ティフィン)で麗しいアフタヌーンティー

今回の旅行で一番予算を割いていたのが、ここティフィン。
香港に来たなら旅行中一度はアフタヌーンティーをしなきゃ気が済まない!
そんな女子のために、今回はグランドハイアットの素敵ラウンジ・ティフィンをご紹介します。

スポンサーリンク

私がティフィンを選んだ2つの理由


1.アイスクリームを心行くまで楽しめる

シェフ自慢のアイスクリームやシャーベットがステーションにずらりと並べられています。
まるでアクセサリーのようですね!
ティフィンのアイスクリーム・ステーション
こんなにたくさんのアイスクリームやマカロンたち、アフタヌーンティーをオーダーすればなんと食べ放題なんて、心躍ってしまいますよね。

2.一人用のセットをオーダーできる

これ、かなり重要ですよ。このとき私は一人旅していたからというのもありますが、
たとえ二人で行ってたとしても一人用のセットで十分だと思ういます。
だって、きっとあなたはお昼ごはんで既に満腹になっているに違いありませんから!
香港のごはんは油っこいですからね、たぶん間食にコレは結構きついのではないでしょうか。
一人用のセットって扱ってないラウンジも結構あるんですよ。
2015年にインターコンチネンタルに行ったときは二人用しか頼めませんでした。
これは意外な重要ポイントです。

ティフィンに行ってみた感想

ティフィン内装
巨大な窓に面して解放感あふれる空間。
一歩踏み出せば、まるで自分が貴婦人になったかのような気分に浸ってしまいます。
ピアノの生演奏がさらに素敵な空間を演出してくれますよ。

ティフィン吹き抜け
吹き抜けになっています。この素敵な空間に解放感をプラスしてくれていますね。

ティフィンのシート
素敵なシート。まるで芸術作品のよう。

全然気にならないレベルだけど、窓の外の景色は少し残念でした。
香港って工事が多いんですよね~
ティフィン窓の外

アフタヌーンティーをオーダーし、さっそくアイスクリーム・ステーションへ。
ティフィンのビュッフェ・アイスケーキ
ケーキに扮したアイスたちがとても可愛いですね。
抹茶とかティラミスとか種類も豊富!

ティフィンビュッフェ・焼き菓子
マカロンやトリュフチョコレートもあり、アイスと一緒に食べると良いアクセントになります。
アイスだけだとどうしても飽きてくるから、これはうれしい!

ティフィンビュッフェ・ジェラート
こっちはジェラート。大体おいしいんだけど、一個すごいパンチの効いたフレーバーがあって食べられませんでした。

ティフィンのビュッフェ盛り付け例
こんなふうに盛り付けるのも楽しいですね。

ティフィンのカーテン
ここで巨大な窓のカーテンが降りました。
きっと西日に照り付けられるから、でしょうか。ここはおそらく西向きだったはずですしね。

ここでひとつ気付いたことなのですが、もしかしたら一人用のセットはサーブされるのが遅いかもしれません。
というのも、待てど暮せど私のセットが来ないのです。
でもこんな優雅な空間で店員をせかすなんて野暮というものなので、ひたすら待っていました。
だけど私が到着したころにはすかすかだった客席は既に満席になっていて、そしてその全ての客はみんな既にアフタヌーンティーにありついている超衝撃的な事実に気付いてしまいました笑
このときオーダーしてから45分経過。きっと一人用のセットってあまりオーダーがないのかもしれません。
そして催促してからからやって来るまで更に待つこと15分。笑

やっと登場。
ティフィンのアフタヌーンティー
らせんを描くスタンドがエレガントで麗しい。
5段セットになっているこのスタンド。奥ゆかしく盛り付けられた小ぶりなケーキたち。
まさに特別な昼下がりを過ごすのにふさわしいセットですね。

AFの下~2段

下段
フォアグラのムース / ラズベリーのゼリー
1段目
ビーフパイ / ローストビーフバーガー
2段目
ツナのクラッカー / ベーコンのサンドイッチ
AFの3~5段

3段目
ブラックベリーのケーキ / 抹茶と小豆のロールケーキ
4段目
チョコエクレア / ピスタチオのマフィン
5段目
スコーン / ショートケーキ

もちろん完食できるはずもなく笑
心も体も満腹に。
他のラウンジと比較すると、ここのアフタヌーンティーはアイスクリームビュッフェのポイントが高すぎますね。
SEVVAと同じくらいおすすめです。

アフタヌーンティーの心得

最後に無粋なことを言うようで申し訳ないですが、念のため心得ていてほしいことを。
こういうアフタヌーンティーに感動を誘うようなおいしいケーキを期待してはいけないということです。
だからといって決してまずいってわけじゃないのですよ。
単純に完成度の高いおいしいケーキを食べたいなら、日本の街のケーキ屋さんのがきっと美味しいと感じられる方が多いと思います。
これは個人的な感想でしかありませんが、ここに限らずインターコンチネンタルでもSEVVAでも同じ感想を抱きました。

香港でのアフタヌーンティーは、空間や内装の優雅さとか、そこにいる自分とか、綺麗に盛り付けられたスイーツとか、または香港に残るイギリス文化とか、もしくはそこでの友人との感動の共有とか・・・
そういうものを楽しむものだと思ってます。
そして私はこれに対し、決して安くはない金額をかけた価値は大いにあったと思っています。

感動のホスピタリティ精神

贅沢なひとときを過ごして大満足のわたしに悲劇が。
お気に入りのイヤリングを片方落としていることに気付きました。
すると店員さんが一緒に探して下さった上に、見つかったら取っておくということで連絡先も控えて下さりました。
きめ細やかなホスピタリティに感動。やはり一流ホテルは接客のクオリティが高いですね。

みなさまもぜひ、ティフィンで高貴なアフタヌーンティーはいかが?

茶園(Tiffin)

住所:Mezzanine Floor, Grand Hyatt Hong Kong, 1 Harbour Road, Wan Chai
備考:グランドハイアット内
電話番号:2584 7722
営業時間(アフタヌーンティー): 15:30~17:30
カード:Visa, Master, AE, Cash, UnionPay, JCB, Diners
値段:一人用298HK$・二人用596HK$(休日は割増料金)

スポンサーリンク

食べるカテゴリの最新記事